帰省

半ば強行的に夏季休暇と有給を取ってまるまる1週間ほどぶっ通しで北海道へ

8月13日(金)
スタート初日は台風4号の影響もあって、雨に当たらずして北上するには出発を遅らせるより他無いという状況だったので、半日ほどずらしての出発。

予報通り台風4号は東の海上へ抜けていたので道中は晴れ(・∀・)
初日は岩手、昨年100歳で亡くなった婆さんの新盆だったのでお墓参り。

8月14日(土)
朝8時45分の八戸発のフェリーへ乗船するため6時半までにフェリーターミナルに着いてなければならないため、出発は朝4時。前日は23時過ぎまで従兄弟と喋ってたので( ゚Д゚)ネムヒー

予約済みの乗船なので、余裕ぶっこいてたら乗船後のコンセント争奪戦敗退。
さらにクーラーが最強だったので、寒くて起きる→周りは何故か毛布(有料)を確保している
入り口についてた温度計を見てみたら「22℃」。いくらなんでも寒すぎだろw

同日16時、苫小牧到着。天気はなんとなくドンヨリ気味だが雨が降る気配なし。給油をして道央道で北上開始。残り約200km!
まぁ、佐野藤岡から首都高の辰巳PA(6号経由)を1往復するぐらいの距離ではあります。って考えると凄く近く感じるなw

同日19時前に旭川入り。が、しかし実家が転居していたのでイマイチ場所が掴みきれない。
中学時代の行動範囲内ではあったものの、住所が区画変更やらで改変されていたので余計に混乱w
でも、改変されたおかげで結構スッキリしましたね。

8月15日(日)
ほぼ一日中家の中でボサーッと・・・TVを眺めていたらTVの下にあるLDプレーヤーが気になった。
かれこれ千葉に居たころから家にあるPioneerのLDプレーヤー、はてちゃんと動くんだろか?
と、電源ボタンを押すと普通に起動。そしてVHSデッキの上に数枚置かれていたLDを発見。

いやはや懐かしい、サイバーフォーミュラのLDが3枚ほど「アーリーデイズ(前編)」と「ZERO」の1巻と最終巻。まぁ当時まだ中学生か高校生だったもんで、全部集めるとか出来なかったんだろうな・・・。

とりあえず、プレーヤーに入れて再生ボタンをポチッて見ました。いやぁ、LDだな~、画質こんなもんだったかぁ・・・。DVDやBDとかホント綺麗だなぁ。

夕方から買出しへ出掛け、元ラパーク(長崎屋)現MEGAドンキホーテへ行きここぞとばかりに買い込みをする、普段は買わないビールもケース買いをしてみた。(※自分が飲む訳ではない)

8月16日(月)
バイクに乗り始めたころとってもお世話になった隣町の某T橋家の番犬セロリ。前回会ったのは軽く10年より前、すでに18歳のお爺ちゃんになられてしまった。心臓が良くないようなので家の中で過している様子。

来客にはなかなか触らせようとしないけど、ちゃんと覚えてたのかどうかは分からないけど、全然吠えもせずに撫でさせてくれたw

YZF-R1を拝見しに行ったつもりだったのが、出てきたのはDUCATIの998だったでござるの巻。しかもベイリスカラーwww
なんだかマニアックで乗り方を限定されるマシンにw
昼御飯がまだだったようなので、隣町までぶらっとプチツーリング。

8月17日(火)
某友人が仕事が休みだというので、何が何でも食ってみろって言う食べ物が富良野にあるとか、後々調べてみたらなんか有名なお店だということは関東に戻ってからの話。くまげらってお店の和牛さしみ丼が凄いんだと・・・。

ということで、またまたプチツーリングをしてきました。

和牛さしみ丼 1,980円(税込)

口のなかで肉がトロッと溶けてごはんと絡んで良い感じ。
ボリューム的にも丁度良いところです。

8月18日(水)
母親が18日、19日と休みを取っていたので父祖の墓参り。その後旭岳・天人峡方面へ車でドライブ。

この辺に来るのも10年以上ぶり。バイクの免許を取ってすぐのころは朝方友達とフラッと走ってきた、懐かしいなぁ・・・。そのころはまだ忠別ダムなんぞ無かったけどね。

先に旭岳の方へ上がってみる、さすが山の上なので涼しいけど特別見るところもないのでそのまま下って天人峡へ
ホテル街を抜けて上がり駐車場に車を止めて500m程徒歩で歩くと見れる羽衣の滝。

車を止めてほんの少しあるいて見れるので楽ですw
ちなみにこの先にも敷島の滝という別の滝があるのですが、道が崩落してて先に進めませんでした。
ちょっとでも隙間があると先に行こうとする人がいるだろうという読みなのか、ものすごいガードっぷり。

まぁ、この辺りはちょいちょい崩れてみたりするところっていうか帰ってきてから豪雨でここに車での道がえらいことになってしまったので、復旧するまでの間は来れないところになってしまった様子。

私が居る間はずっと晴れてて天気良かったのに帰ってきたらとんでも無いことに・・・。

写真撮って、ひととおり見終わったので
次はとりあえずソフトクリーム食いたいので美瑛の方へと移動。

ここは相変わらずの風景で安心。
旭川の街の中はそう大きくは変わらずもやはり変わっているので、なんか違うんだよね。駅舎も新しく建設中だし。駅前の丸井今井(丸井とは違うんだなこれが)も潰れて廃墟ビルが駅前にドンと構えちゃって、異様な雰囲気をかもしていた。

信号待ちをしていると妙に見通しが良い。R12,R40,R39のクロスしているメインの交差点(4条6丁目)に構えていたパチンコ屋も潰れて青空駐車場と化していた。なんだかなぁ・・・

8月19日(木)
お買い物他で1日終了。
おみやげを買ってもバイク積んで帰るほど積載の余裕がないので宅急便で発送w
夜、高校時代の友達2人と会う。1人は関東にも一時期居たけどもう一人は卒業してから一度も会っていなかった奴だ。修学旅行のときのエピソード等意外と話をしているうちに思い出すので話が盛り上がる。

京都での自由行動で1箇所しか回って来れないという残念っぷりだったのだ。その前の長崎(ハウステンボス)ではグループの一人が行方不明になる騒動。長崎、京都において無計画にお土産等で散財した結果、東京に着いたころに財政難に見舞われブランド物を買うことが出来ずモンモンとするなど・・・バカだねw

8月20日(金)
隣町のとある教習所。ここが私のバイクライフ出発地点です。高校のときの同級生の親父さんがやっている教習所。公認ではないので、免許センターで一発試験ってやつです。

お世話になった教官も健在だった。今は二輪ではなく大型(バス)を教えているそうだ。さすがに3ヶ月近くも部活のような感覚でやっていたので、覚えていたようだ。

「確認とは、確実に認識すること」しょっちゅう言ってましたね。

どうでも良いですが、昨年の不祥事については一切報告していません!(キリッ 言ったらしばかれるわw

8月21日(土)
なんだかんだあっという間に1週間が経ってしまった。19時に苫小牧からまたフェリーです。本当は苫小牧から八戸を予定していたのだが、走りっぱなしも結構シンドイので仙台に変更をした。これだけで下船後の走行距離が約半分になる。およそ300kmちょっと、一日のツーリングに丁度良い距離だ。

グダグダしているうちにお昼を過ぎてしまったので祖母の家にちょろっと顔をだして、ガソリンを入れて出発準備。夕方以降は天気も悪くなるという予報にもなってきていたので、船の変更は大正解。で、またここから約200kmだもんなぁ広すぎだよ北海道w もう少し居たいけど、時間ケツカッチンなので出発。

遅くても出航90分前には・・・という事なので17時半には着かないと、恵庭の辺りで残り30分・・・・・・んー微妙w
ペースアップして17時20分にターミナルビルに到着。

乗船券を買いに急ぐ、予約済みなのだから乗船名簿なんぞプリントアウトできるようにしてもらえると助かるのだけど・・・手書きです。支払いをしてチケットをもらったら「バイクはこのあと5時30分から乗船してください」ってもう28分なんですけどw

今度はコンセントキープするんだからっ

と意気揚々として乗船してバイク止めてそそくさと指定されている部屋にいったら場所取りが既にチケットの番号で割当られてやんの・・・しかも微妙なポジションでだ。

こりゃーこの合宿部屋みたいな大部屋で所狭しと寝るのはちょっと、疲れるだろこれ・・・となった私はすかさずカウンターへ行きB寝台をゲットしに行った、でも満席だったorz キャンセル待ちに名前を書いてしばらく待機をしていたら呼び出された。キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! はいはい3,000円。これで専用ベッドをいただけるなら安いもんですw

大した疲れるほどバイクに乗っていたわけではないのだけど21時~朝7時までガッツリ寝てました。

翌朝は朝飯にバイキングをやっていたので行ってみた。1,000円。正直微妙な気持ちでいっぱいでした。
食パンとコーヒーでOKなんだよなぁ、そんな朝からガッツガツ食わんわ。とか思いつつもチョビチョビと盛ってくる始末。

しかし、なんでも乗ってた船「いしかり」は来年後継船に入れ替わる様なので、乗って良かったかも(船マニアではないのでどうでも良いっちゃどうでも良いがw)

国内最大級のカーフェリー「いしかり」進水式(産経新聞)